2010年10月10日

「なつのひかり」 江国香織



「私」は来週21歳。ウェイトレスとバーの歌手という、2つのアルバイトをしている。
「年齢こそ三つちがうが双生児のような」兄がいて、兄には、美しい妻と幼い娘、そして50代の愛人がいる…。
ある朝、逃げたやどかりを捜して隣の男の子がやって来たときから、奇妙な夏の日々が始まった―。
私と兄をめぐって、現実と幻想が交錯、不思議な物語が紡がれて行く。
シュールな切なさと、失われた幸福感に満ちた秀作。

不思議な話でした。
幸裕(ゆきひろ)と裕幸(ひろゆき)という兄の名前の
変化から、かなり混同したし(おそらく同一人物)
ザリガニのナポレオンに振り回されたり
まともに読むと???なのですが
独特な雰囲気の中、御伽噺のように読めてしまいます。
posted by まりこ(^▽^) at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | あ行の作家
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/166330260

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。