2010年09月05日

「ホリー・ガーデン」 江国香織



果歩と静枝は高校までずっと同じ女子校だった。
ふと気づくといつも一緒だった。お互いを知りすぎてもいた。
30歳目前のいまでも、二人の友情に変わりはない。
傷が癒えない果歩の失恋に静枝は心を痛め、静枝の不倫に果歩はどこか釈然としない。
まるで自分のことのように。
果歩を無邪気に慕う中野くんも輪に加わり、二人の関係にも緩やかな変化が兆しはじめる…。心洗われる長編小説。果歩と静枝の女同士の友情ありかと思えば
果歩は、津久井という男性との失恋の過去があり
静枝は、芹沢という男性と不倫中。
一見どろどろかと思えは、そうでもなく
果歩と静枝の関係は、意外にドライだし
果歩には、同僚の中野という男性が
果歩のテリトリーの中に入ってくるのだけど
その関係もとても自然。
静枝の方も芹沢とのたまにの逢瀬を楽しんでいる感じで
こういうのもありなんだなと思いました。
posted by まりこ(^▽^) at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | あ行の作家
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。