2010年06月04日

「モダンタイムス」 伊坂幸太郎 



≪検索から、監視が始まる。
岡本猛はいきなり現われ脅す。「勇気はあるか?」 
五反田正臣は警告する。「見て見ぬふりも勇気だ」
渡辺拓海は言う。「勇気は実家に忘れてきました」
大石倉之助は訝る。「ちょっと異常な気がします」
井坂好太郎は嘯く。「人生は要約できねえんだよ」
渡辺佳代子は怒る。「善悪なんて、見る角度次第」
永嶋丈は語る。「本当の英雄になってみたかった」≫

主人公、渡辺は、いきなり窮地に巻き込まれ
事件に巻き込まれていくのですが
とにかく、小説内の言い回しがとてもおもしろい。
少々長いですが、伊坂ワールドにどっぷりつかりたい方に
お薦めです。
posted by まりこ(^▽^) at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | あ行の作家
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/158033061

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。