2010年12月24日

「KAGEROU」齋藤智裕 



(「BOOK」データベースより)
第5回ポプラ社小説大賞受賞作。『KAGEROU』─儚く不確かなもの。
廃墟と化したデパートの屋上遊園地のフェンス。
「かげろう」のような己の人生を閉じようとする、絶望を抱えた男。
そこに突如現れた不気味に冷笑する黒服の男。
命の十字路で二人は、ある契約を交わす。
肉体と魂を分かつものとは何か?人を人たらしめているものは何か?
深い苦悩を抱え、主人公は終末の場所へと向かう。
そこで、彼は一つの儚き「命」と出逢い、かつて抱いたことのない愛することの切なさを知る。
水嶋ヒロの処女作、哀切かつ峻烈な「命」の物語。

続きを読む
posted by まりこ(^▽^) at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | さ行の作家

2010年12月14日

「阪急電車」有栖川浩



恋の始まり、別れの兆し、そして途中下車…。8駅から成る、
片道わずか15分間の阪急電鉄今津線で、駅ごとに乗り降りする乗客の物語。
人生の決定的な瞬間が鮮やかに描かれた傑作。
(「BOOK」データベースより)

続きを読む
posted by まりこ(^▽^) at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | あ行の作家

2010年12月12日

「道徳という名の少年」桜庭一樹



「愛してるわ!ずっと昔から…。子供の頃から、愛していたわ!」
町でいちばん美しい、娼婦の四姉妹が遺したものは?(1、2、3,悠久!)、
黄色い目の父子と、彼らを愛した少女の背徳の夜(ジャングリン・パパの愛撫の手)、
死にかけた伝説のロック・スターに会うため、少女たちは旅立つ(地球で最後の日)、
─桜庭一樹のゴージャスな毒気とかなしい甘さにアーティスト野田仁美が共振してうまれた、極上のヴィジュアルストーリー集。
続きを読む
posted by まりこ(^▽^) at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | さ行の作家

2010年12月08日

「真昼なのに昏い部屋」江国香織

真昼なのに昏い部屋

会社社長の夫・浩さんと、まるで軍艦のような広い家に暮らす美弥子さんは、家事もしっかりこなし、「自分がきちんとしていると思えることが好き」な主婦。
大学の先生でアメリカ人のジョーンズさんは、純粋な美弥子さんに心ひかれ、
二人は一緒に近所のフィールドワークに出かけるようになる。
時を忘れる楽しいおしゃべり、名残惜しい別れ際に始まり、ふと気がつくとジョーンズさんのことばかり考えている美弥子さんがいた―。
(「BOOK」データベースより)


続きを読む
posted by まりこ(^▽^) at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | あ行の作家
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。