2010年06月25日

「告白」 湊かなえ



「愛美は死にました。しかし事故ではありません。このクラスの生徒に殺されたのです」我が子を校内で亡くした中学校の女性教師による
ホームルームでの告白から、この物語は始まる。
語り手が「級友」「犯人」「犯人の家族」と次々と変わり、次第に事件の全体像が浮き彫りにされていく。
衝撃的なラストを巡り物議を醸した、デビュー作にして、第6回本屋大賞受賞のベストセラーが遂に文庫化!“特別収録”中島哲也監督インタビュー『「告白」映画化によせて』より。

続きを読む
posted by まりこ(^▽^) at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ま行の作家

2010年06月11日

「恋愛寫眞」 市川拓司



カメラマン志望の大学生・瀬川誠人(まこと)は、個性的でとても謎めいた女の子・里中静流(しずる)と知り合う。
誠人は女の子にかなりの奥手だったが、静流とは自然にうちとけるようになる。やがて誠人は静流に思いを告げられるが、誠人には好きな人があり、その思いを受け取ることはできなかった。
…卒業を待たずに清流は姿を消した。
実は静流には「恋をすると死んでしまう」という宿命があった。
それでも彼女は恋をして……。

続きを読む
posted by まりこ(^▽^) at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | あ行の作家

「対岸の彼女」 角田光代



専業主婦の小夜子は、ベンチャー企業の女社長、葵にスカウトされ、ハウスクリーニングの仕事を始めるが…。
結婚する女、しない女、子供を持つ女、持たない女、それだけのことで、なぜ女どうし、わかりあえなくなるんだろう。
多様化した現代を生きる女性の、友情と亀裂を描く傑作長編。第132回直木賞受賞作。

続きを読む
posted by まりこ(^▽^) at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | か行の作家

2010年06月04日

「モダンタイムス」 伊坂幸太郎 



≪検索から、監視が始まる。
岡本猛はいきなり現われ脅す。「勇気はあるか?」 
五反田正臣は警告する。「見て見ぬふりも勇気だ」
渡辺拓海は言う。「勇気は実家に忘れてきました」
大石倉之助は訝る。「ちょっと異常な気がします」
井坂好太郎は嘯く。「人生は要約できねえんだよ」
渡辺佳代子は怒る。「善悪なんて、見る角度次第」
永嶋丈は語る。「本当の英雄になってみたかった」≫

続きを読む
posted by まりこ(^▽^) at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | あ行の作家
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。