2010年05月20日

「ラットマン」 道尾秀介



結成14年のアマチュアロックバンドが練習中のスタジオで遭遇した不可解な事件。
浮かび上がるメンバーの過去と現在、そして未来。
亡くすということ。失うということ。胸に迫る鋭利なロマンティシズム。注目の俊英・道尾秀介の、鮮烈なるマスターピース。

続きを読む
posted by まりこ(^▽^) at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ま行の作家

2010年05月09日

「龍神の雨」 道尾秀介



人は、やむにやまれぬ犯罪に対し、どこまで償いを負わねばならないのだろう。
そして今、未曾有の台風が二組の家族を襲う。最注目の新鋭が描く、慟哭と贖罪の最新長編。

続きを読む
posted by まりこ(^▽^) at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ま行の作家

2010年05月05日

「私の男」 桜庭一樹 



優雅だが、どこかうらぶれた男、一見、おとなしそうな若い女、アパートの押入れから漂う、罪の異臭。
家族の愛とはなにか、超えてはならない、人と獣の境はどこにあるのか?
この世の裂け目に堕ちた父娘の過去に遡る―。黒い冬の海と親子の禁忌を圧倒的な筆力で描ききった著者の真骨頂。

続きを読む
posted by まりこ(^▽^) at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | さ行の作家
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。