2009年12月29日

「死神の精度」伊坂幸太郎



CDショップに入りびたり、苗字が町や市の名前であり、受け答えが微妙にずれていて、素手で他人に触ろうとしない―そんな人物が身近に現れたら、死神かもしれません。
一週間の調査ののち、対象者の死に可否の判断をくだし、翌八日目に死は実行される。クールでどこか奇妙な死神・千葉が出会う六つの人生。



続きを読む
posted by まりこ(^▽^) at 20:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | あ行の作家

2009年12月22日

「遠くの声に耳を澄ませて」宮下奈都




くすんでいた毎日が、少し色づいて回りはじめる。
錆びついた缶の中に、おじいちゃんの宝物を見つけた。
幼馴染の結婚式の日、泥だらけの道を走った。
大好きな、ただひとりの人と、別れた。
ただ、それだけのことなのに。看護婦、OL、大学生、母親。普通の人たちがひっそりと語りだす、ささやかだけど特別な物語。

続きを読む
posted by まりこ(^▽^) at 12:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | ま行の作家
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。