2009年08月26日

「欲しいのは、あなただけ」 小手毬るい

4104371025欲しいのは、あなただけ
新潮社 2004-09-18

by G-Tools



よくいえば、ここまで夢中になれる恋愛も素敵だけど
悪くいえば、恋に溺れて恋に飲まれた女性の話だと思いました。

続きを読む
posted by まりこ(^▽^) at 19:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | か行の作家

2009年08月18日

「夜は短し歩けよ乙女」 森見登美彦

4048737449夜は短し歩けよ乙女
角川書店 2006-11-29

by G-Tools


私はなるべく彼女の目にとまるよう心がけてきた。
吉田神社で、出町柳駅で、百万遍交差点で、銀閣寺で、哲学の道で、「偶然の」出逢いは頻発した。
我ながらあからさまに怪しいのである。
そんなにあらゆる街角に、俺が立っているはずがない。
「ま、たまたま通りかかったもんだから」という台詞を喉から血が出るほど繰り返す私に、彼女は天真爛漫な笑みをもって応え続けた。「あ!先輩、奇遇ですねえ!」…「黒髪の乙女」に片想いしてしまった「先輩」。
二人を待ち受けるのは、奇々怪々なる面々が起こす珍事件の数々、そして運命の大転回だった。
天然キャラ女子に萌える男子の純情!キュートで奇抜な恋愛小説in京都。



続きを読む
posted by まりこ(^▽^) at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ま行の作家

2009年08月11日

「レンアイケッコン」 小手毬るい

レンアイケッコン
レンアイケッコン
世界文化社 2008-03-04
売り上げランキング : 179605


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


『エンキョリレンアイ』から3部作目。
ここでは、『サンカクカンケイ』のあかねの
同じアパートの先輩・雪香が主人公になっています。

続きを読む
posted by まりこ(^▽^) at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | か行の作家

2009年08月10日

「サンカクカンケイ」 小手毬るい

4418075011サンカクカンケイ
世界文化社 2007-03-01

by G-Tools


龍也に恋していたあかね。
しかし、二人には、別れが訪れてしまいます。
そのあかねを支えていたのが
龍也の親友であり、あかねの幼馴染の俊輔。
彼は、あかねの気持ちを知りながら彼女を丸ごと
受けとめていました、
サンカクカンケイというと、ドロドロの修羅場のような
イメージがありますが
そんなこともなく、あかねの気持ちの揺れや
変化が丁寧に描かれていました。

続きを読む
posted by まりこ(^▽^) at 08:10 | Comment(1) | TrackBack(0) | か行の作家
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。